home



第15回:リゾートホテル

JALプライベートリゾート オクマ
http://www.jalokuma.co.jp/
2004.05.19更新

今回のオーナー様


JALプライベートリゾート オクマ
沖縄県国頭村字奥間913
 TEL:0980-41-2222
 FAX:0980-41-2234


Backnumbers


No.20:ホテルJALシティ那覇
No.19:沖縄レコード商事

No.18:ホテル エアウェイ
No.17:株式会社 赤マルソウ
No.16:カットスタジオgroup
No.15:JAL プライベートリゾート オクマ
No.14:(株)SMC様
No.13:ベストコンディション様
No.12:(有)小林硝子店様
No.11:沖縄美健様
No.9:国際ヘルシー様
No.8:YoYo Collection様
No.7:ルンルン気分様
No.6:池武当新垣三味線店様
No.5:お菓子工房ミルキー様
No.4:えにし商事様
No.3:アートネオンクラブ様
No.2:有限会社ジュネ 様
No.1:おきなわ建築 Web 様
eビジネスの第一線で日夜奮闘していらっしゃる、現場の皆様の声をお届けする「eビジネスの現場」。
今回は沖縄地区の『JALプライベートリゾート オクマ』様です。
ライブカメラや懸賞企画など、お客様の反応はいかがなのでしょう。
今回はお忙しい中、企画課課長代理の宮城様にお話を伺いました。

実際のホームページ更新で感じていらっしゃることは?
ウェブサイトを作ってから、他のサイトを注意深く見るようになりました。比較すると隣の芝生が青くみえたりもするんですが、デザインはデザイナーによってテイストが違うので、それよりも独自の機能をつけていくということを考えないといけないと思います。

ホームページというのは、皆さんに情報を即時でお伝えできますよね。今日あった事をそのままページに貼り付けて、一瞬に告知できるということは、大変な驚きでもあるんです。

では、何を即時にお伝えするかというと、ホテル内の情報です。これをどんどん提供しないと、見て下さっている側が飽きてしまうというのがあると思います。

ホテルというのは、レストランがあったり、ビーチがあったり、いろんな会社が組み合わさってできているような感じなので、各部署から情報を次々と持ってきてもらわないといけない訳です。
情報を集約するシステムが組織的になっていないと、ホームページにも反映できないと思います。

ウェブカメラをつけた経緯と反応とは?
JALの関連で、ウェブカメラを設置しませんかという打診があり、その中でうちが手を挙げたというわけです。

設置場所ですが、まず、お客様の顔がはっきり見えない場所ということです。

また、皆さんが一番見たいのは海の状況だと思うんです。青い海と青い空、ビーチは西側を向いているので夕陽を見ることもできます。

動画は、「JAL TV」というサイトでも流しています。ライブ&トークということで、沖縄らしい音楽が流れたり、ナレーションで方言をつかったりしています。
意外だったのですが、この音声部分の更新日にはアクセスが上がるということで、もっと短いスパンで更新したいのですが、今は月1ペースで更新しています。

懸賞企画について、利点と苦労とは?
ライデリの講習があり、営業の方から提示されて、懸賞を企画しました。
懸賞企画をすると、アクセス数が上がることは、他のサイト運営者からも聞いていましたし、ホテル独自のものを出したいと考えていました。
加えて、アンケートに答えてもらい、お客者から直接声をいただき、マーケティングに利用できればという部分がありました。

苦労したのは、アンケートの質問を作ることと、プレゼントを何にするかということです。質問の方は、各部署の営業のスタッフに何を聞きたいのか出してもらいました。プレゼントの方は、最初から宿泊券などにせず、オリジナルのハンドタオルにしました。

ホテル側としては、ハンドタオルでは、価値が低いのではないかとも思ったのですが、「オクマ」が好きで、ホームページにアクセスしたら、たまたま懸賞があって、しかもオリジナルグッズが当るかもしれないという事からアンケートに答えるという方々ともいらっしゃると思うんです。

アンケート結果の精度というのが、判断しづらいところがあるんですが、オリジナルグッズを喜んでいただける方がいらっしゃる事も嬉しいですね。

シーズンごとの企画については?

ホテルで行われるイベントに関しては、こどもの日、母の日、クリスマスなど、毎年何か行うことが決まっているものがあります。その他のものに関しては、タレントさんのスケジュール調整などがあり、内容の最終決定が予定日の1ヶ月前というのも珍しくありません。

通常旅行会社などには、半年前に料金や、内容、イベントなどを合わせて情報を出すのですが、印刷物なのでその後の変更が利きません。ホームページでは追加事項や訂正事項などを入れられるところが利点です。

ホームページの今後の展開は?
オクマでは、雑誌の取材が良くあって、スタッフの写真と一言コメントが載ることがあります。お客様としては、知っているスタッフがいるということで、身近に感じると思うんです。
そこで、今後機会あるごとに、ホームページでスタッフを紹介していこうと考えています。
お客様との距離を縮めるツールとしてインターネットを利用して行きたいと思います。
ヤンバルの自然に囲まれた、絶好のロケーションを誇る「JALプライベートリゾート オクマ」。沖縄らしい、のんびりとした休日を楽しみたい人に人気のホテルです。
広い敷地にコテージがゆったりと配置され、スタッフ同士もファミリーのような親しさだとか。こんな素敵なところで働けるなんて、ちょっと羨ましくなりました。
ウェブカメラでご覧になれますので、どうぞお立ち寄りくださいね。

前回を見る

| 会社概要 | 沿革 | 事業概要 | 実績一覧 | 紹介事例 | お問合せ | 個人情報保護 |
Copyright (C) 2003 Lideli Co.,Ltd. all rigths reserved.