home

No.25

県内の複数の店舗を束ねる、勤怠管理システム

2009年10月、沖縄にある飲食店他複数の店舗で、スタッフの勤怠管理システムを設置。
恩納村の共立メンテナンス代理店、ユーピーマネジメント取締役 柳内さんにお話を伺いました。




その1:大勢のスタッフの勤怠状況を管理。

2009.12.09更新

県内にある飲食店や、お土産屋など複数の店舗を管理しています。
石垣牛やアグーを使った料理を扱うレストランを5店舗、もろもろ含めると合計7店舗になります。
今回の勤怠管理システムを使用するにあたり、当初はレストランのみの使用を考えていましたが、使い勝手が良いので他の店舗での使用も検討しています。
アルバイトを含め、全体で80人のスタッフを登録しています。

音声で全文を聞く [mp3形式・02:40]

MP3をダウンロード iTunes musicへリンクして、登録


その2:指紋認証を採用した理由は?

2009.01.13更新

タイムカードの不正が多かったからです、アルバイトが多いので。もう一つは、月末の緊急管理は手作業でやっていたからです。
元々2店舗のみの管理だったので当初はそれでもよかったんですが、店舗が増えてくると大変な作業になってしまって。
自動計算ができるのが一番の理由ですね。不正はどちらかというと雇う側の規律の問題だと思いますし。
出退勤管理システムというのは他でもいろいろあるのですが、どれも効率が悪く高値でした。

音声で全文を聞く [mp3形式・02:40]

MP3をダウンロード iTunes musicへリンクして、登録


その3:指紋は実際に読み取れますか?

2009.01.20更新

水仕事をしたあとの女性の指はよみとりにくいんですよ。どういう対処をしたかというと、一人につき5つの指紋を登録できるんですが 2本は店長の指紋をその女性の指として登録しておいて店長が確認して読み込ませていたんです。
難しいのは、アロマの方で施術と物販をやっているんですが、同じスタッフでも施術をしたときとレジに立ったときの時給が違うんです。
それは、今後スタッフ一人を物販と施術二人分として換算したらいいかもしれないですね。

音声で全文を聞く [mp3形式・03:28]

MP3をダウンロード iTunes musicへリンクして、登録


その4:飲食という全く別の世界から、ITでの可能性を見いだすのは難しいか

2009.01.27更新

自分は元プログラマですが、22のときに東芝のソフトの仕事に入ったのが最初。フリーで日立なんかの仕事も独学でやりました。 元々そういう職業から飲食に入って、まだ1年目ですが、飲食業から見てITやシステムの使い道というのは正直わからないです。
ただうちはお客さんを楽しませたいという形態でやっているので、そういう楽しませるという面ではいろいろ道はあると思いますね。
そういう飲食でありたいです。

音声で全文を聞く [mp3形式・03:28]

MP3をダウンロード iTunes musicへリンクして、登録


| 会社概要 | 沿革 | 事業概要 | 実績一覧 | 紹介事例 | お問合せ | 個人情報保護 |
Copyright (C) 2005 Lideli Co.,Ltd. all rigths reserved.